車 売る 傷

車を売る時、傷を直した方が良いのか?

車を売る時、傷を直してから売った方が良いのか?

売りたい車に傷が付いている場合、傷を直してから売ったほうが、査定価格がアップするんじゃないか?と思っていませんか?

 

多くの場合、それは正しい考え方ではありません。板金修理代の方が高くついてしまうケースが殆どです。多くの場合得しないので、そのまま査定してもらった方が良いです。

 

また、売られた車が部品取り用となる場合には、ボディに傷があろうがなかろうが関係ありませんので、その場合傷を直しても無意味という事になります。

 

査定する側も、直すことを前提として査定価格を提示してきます。板金修理代金は業者の利益が乗っていますから、それ以上に買取査定が良くなる事はまずありませんので、傷があったとしてもそのまま査定してもらうことをお勧めします。

 

また、下手に自分で治そうと思って失敗し、逆に査定が下がってしまう事にもなりかねません。素人は余計な事をやらないほうが無難ですよ。

 

 


クルマを最高値で売るには?


ホーム RSS購読 サイトマップ